地震対策 屋外にいるとき│住まいの安心生活│暮らしに役立つ情報

  1. 暮らしに役立つ情報
  2. 住まいの安心生活
  3. 地震対策 屋外にいるとき
地震対策

<<いざという時どうする?〔屋外にいるとき〕>>

1.街頭では
強い揺れを感じたら、カバンなどで頭を保護し、近くの空き地、丈夫な建物の中や街路樹の下に逃げてください。窓ガラスや看板などが落ちてくる危険があります。ブロック塀、門柱、自動販売機、建設現場からは遠ざかってください。

2.地下街では
地下街は一般的に地上よりも揺れが少なく安全です。慌てずに、落ち着いて行動してください。カバンなどで頭を保護し、身を低くして壁ぎわに身を寄せてください。停電しても非常灯がつきますが、暗闇でも、壁伝いに移動すれば出入り口にたどり着く事ができます。

3.デパート・スーパー
カバンや買い物かごなどで頭を保護し、陳列ケースや商品柵から離れてください。
柱のそばや壁ぎわなどに身を寄せ、揺れが収まるのを待ちます。
子どもを連れているときは、必ず子どもの手をつないでください。階段やエスカレーターに殺到すると危険ですので従業員の誘導に従って避難してください。
エレベーターは停電すると中に閉じ込められますので階段で避難してください。

4.映画館・劇場
座席をあげ、その場にしゃがみこみ、カバンなどで頭を保護してください。
出入り口に殺到すると危険ですので、係員の指示に従い避難してください。

5.駅のホームでは
などにしっかりとつかまってください。
ホームから転落しないように注意してください。
また、時刻表示版、蛍光灯、モニターカメラは落下、自動販売機は転倒の恐れがありますので離れてください。カバンで頭を保護したり、ベンチの下に潜り込むなど落下物から頭などを守ってください。

6.自動車運転中
揺れを感じても、急ブレーキをかけることは危険ですのでやめてください。徐々にスピードを落として車を道路の左側に停車してください。
避難するときはロックをせずに、キーをつけたまま車から離れてください。

7.海岸では
津波の危険がありますので、揺れを感じたら、ただちに高台などへ避難してください。
津波警報や津波注意報が発令される前に津波が来襲することもあります。

このページのトップへ