冠婚葬祭マナー 婚礼 スピーチを頼まれた場合│暮らしの知恵袋│暮らしに役立つ情報

  1. 暮らしに役立つ情報
  2. 暮らしの知恵袋
  3. 冠婚葬祭マナー 婚礼 スピーチを頼まれた場合
冠婚葬祭マナー
婚礼 -スピーチを頼まれた場合-

親しい友人同士のパーティーなら多少の失敗も許されますが、結婚披露宴でのスピーチともなるとそうはいきませんので、本番であわてないようにあらかじめ原稿を書いておくと良いでしょう。
ただし、原稿を丸暗記しても気持ちのこもったスピーチにはなりません。自分の言葉で話せるようになるまで練習を何回もしましょう。
また、どんな上手なスピーチでも内容が正確でなければ台無しです。知っているつもりでも、とかく思い込みや間違いがあるものです。
主役となる人の略歴や家族について話すときは、特に注意が必要です。スピーチは3分程度で止めましょう。

スピーチは(1)お祝いの言葉、(2)自己紹介と新郎又は新婦との関係、(3)思い出のエピソード、(4)はなむけの言葉の順にまとめるのが基本です。
ポイントは自然と人柄が伺えるような「相手との思い出のエピソード」を選び、うまく話すことです。

また、スピーチの題材を考えていくうちにあれもこれも話そうと考えてしまいがちですが、これでは話が長くなり一般的にいわれている「3分スピーチ」を超えてしまいます。
あまり長くなると聞き手の方も集中力がなくなり最後の方は聞いてもらえなくなることもあります。

このページのトップへ