冠婚葬祭マナー 祝事 長寿のお祝い│暮らしの知恵袋│暮らしに役立つ情報

  1. 暮らしに役立つ情報
  2. 暮らしの知恵袋
  3. 冠婚葬祭マナー 祝事 長寿のお祝い
冠婚葬祭マナー
祝事 -長寿のお祝い-

長寿祝いは還暦や米寿等を迎えた人の長生きを喜んで、
いつまでも元気でいてほしいという思いを込めてお祝いするものです。
本来は数え年で行いますが、現在は満年齢で祝う方も多くなってきています。
還暦とは新しい暦に還ることです。
赤ちゃんに還るということで、赤を効かせた 品物を贈るといいと言われています。

【賀寿の年と名称(数え年)】

61歳 還暦(かんれき) 70歳 古希(こき)
77歳 喜寿(きじゅ) 80歳 傘寿(さんじゅ)
88歳 米寿(べいじゅ) 90歳 卒寿(そつじゅ)
99歳 白寿(はくじゅ) 100歳 百寿(ももじゅ)
108歳 茶寿(ちゃじゅ) 110歳 珍寿(ちんじゅ)
111歳 皇寿(こうじゅ)    


【お祝いの仕方】

現代では還暦といっても、まだ現役で活躍している人も多いでしょうから、お祝いのしかたは本人と相談して決めましょう。
昔は、還暦や古稀に達すると、その年に達した人が、餅をつかせて親戚や知人に配り、子どもや孫を集めて宴をひらいたものですが、最近では知人や親戚などが発起人となって宴を催し、祝意を表すということが多くなってきたようです。
傘寿くらいからは、健康状態を考えて決めましょう。
贈り物は赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を贈るならわしがありますが、最近では年寄りじみていやがる人も多いので、ならわしにとらわれない方が良いかもしれません。

このページのトップへ